2016年アカデミー賞主要部門予想Part2

K
02 /25 2016
Part2です!
2016.jpg

今回の予想は主演女優賞と主演男優賞です!

本命はブリ―・ラーソン『ルーム』
ブリ―ラーソン

監禁された女性とそこで生まれ育った子どもが脱出して、社会に適応していく中で生じる葛藤や苦悩を描いた映画。

対抗はケート・ブランシェット『キャロル』
キャロル

1950年代のニューヨークを舞台に女性同士の美しい恋の映画。タイトルの『キャロル』を演じます。ケート・ブランシェットは4度目のノミネート。

大穴はシアーシャ・ローナン『ブルックリン』
シアーシャローナン

こちらも50年代のニューヨークが舞台です。移民の少女が都会での恋をきっかけに洗練された女性になっていきます。

続いて主演男優賞!
本命はレオナルド・ディカプリオ『レヴェナント 蘇えりし者』
ディカプリオ

何度もノミネートされながら、強力なライバルの前に涙を呑んできたがついにチャンス到来!?

対抗は、エディ・レッドメイン『リリーのすべて』
エディ―レッドメイン

世界初の性転換手術を受けた画家を演じている。2年連続の主演男優賞獲得なるか!?

大穴はマット・デイモン『オデッセイ』
マットデイモン

SFものが敬遠されるアカデミー賞での獲得なるか?

今回の予想当たるでしょうか?個人的にはレオナルド・ディカプリオにオスカー像を獲得してほしいです!

予告編↓



『ブルックリン』は字幕ありません

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント